2006/9/12


飽きる程眺めた風景

遂にやって来たイエメン最終日。今日の夜中、3時半の飛行機でエチオピアの首都、アジスアベバに向います。何をしようかと色々と考えていたサナア最終日ですが、今日も早起きして荷物の整理をしたり、他の町へ出掛けた新見君を見送ったり、のんきに昼寝をしたりしていたらアッという間に夕方になってしまいました。

まぁいっか。

最後にもう一度、大好きな旧市街に行こうかとも思いましたが、もうお腹いっぱい。ハッキリ言ってイエメン悔いないし!です。

何かとドタバタしていたエジプトから逃げる様にやって来たイエメン。僕はこの国が本当に気に入りました。特にサナアは今まで訪れた街の中でベスト3に入るお気に入りの街となりました。予定より3日多い、丁度2週間の滞在の殆どをサナアで過ごしましたが、全く退屈する事が無かったし、見たいと思ったていた場所も殆ど回る事が出来ました。使ったお金もツアー、宿代入れて200ドル以下。それにここに来た事でとてもリラックス出来たと思います。

何だか落ち着き、何だか癒される。

カートにはちょっと痛い目に遭わされましたが、僕にとってイエメンはそんな国でした。予想外に日本代表戦まで観れたしね。

明日からはいよいよアフリカ!!!

本当にワクワク、ドキドキしています。未だ全く想像がつきませんが、とにかくとても楽しみ。一体、どうなっている事やら。アフリカでは今日、一緒の飛行機でエチオピアに向うシンペイさんと、明日の飛行機でアジスにやって来るさっこちゃんと3人で旅をしようと思っています。たまたま日程が近かったというだけですが、安全面や移動時の便利さ考えると一緒に行動した方がいいという事になりました。それに宿代も節約出来る。二人とも南アフリカまで下り、そこから南米に向うのでどこまで一緒かは分かりませんが、取りあえずエチオピアからケニアまでは3人で行動する事になると思います。

アフリカでの予定ですが、最大の目的はやはりサファリとマサイ族など先住民族の村巡り!これはケニアのナイロビからツアーで行けるらしいので、そこで参加しようと思います。エチオピアではラリベラという岩を掘り抜いて造った岩窟教会が多数残る町と、世界遺産に登録される古い教会が残るゴンダール。それから昔ながらのイスラムの風景が残る町、ハラル。ラスタの聖地、ラスタ村等を見て回ろうと思っています。エチオピアはアフリカ内で最も見所が多いので恐らく3〜4週間の滞在になると思います。

そして他に行ってみたい場所としてはルワンダにある虐殺記念館という所。ここは1994年、ルワンダで行った大量虐殺(3ヶ月で死者50万人)の事実を今に伝える博物館の様な所で、古い学校校舎を利用して造られたこの記念館の中には何と27000体のミイラ化した死体が無造作に並べられているそうです。これは一見の価値有り。

それからもし時間とお金に余裕があったらタンザニアのザンジバル島にも行ってみたいと思っています。ストーンタウンと呼ばれるこの島は青い海と白い珊瑚礁に囲まれた美しい島。古くから交易都市として栄えたこの島にはヨーロッパ調の建物が多く残り、アフリカの中でも異質な雰囲気を醸し出しているそうです。

そんな訳で何だかんだ言って見所満載のアフリカ旅行!と言っても10月中のインド入国を目指して本当に駆け足で回ります。しかしこれまでよりは格段にハードな旅が予想されるので体調管理と虫対策だけは今まで以上に気をつけようと思います。

取りあえず明日からはビールが飲み放題!!それが何よりも嬉しい…


行ってきます