2006/7/28


気付けばいつも夕方

ダハブ9日目。今日もヨンヒに叩き起こされ昼過ぎからノソノソと活動開始。タクミ君、ショウジ君、ダイビングスクールが終了したミキちゃんを誘ってシュノーケリングに繰り出しました。

毎日、本当にどうしようも無い生活をしていますが、この部活動を初めて以来、ダハブでの生活が段々と面白くなってきているのも事実です。恐らく精神年齢が同じくらいだと思われる部員4名は日々、ヨンヒに変な日本語を教えながら楽しくやっています。

しかし僕は海に入る度にケガをしており、ここ最近のツキの無さはまだまだ続行中の様です。おまけに毎晩、遅くまで騒いでいるせいで日記もロクに書かずに眠りに就く日々が続いています。始めのうちはヨンヒがダハブを出たらまとめてやるかと思っていましたが、いつになっても出る様子が無いので段々と焦りを感じ始めています。それでもそれなりに楽しい毎日と、それ程お金のかからない快適なダハブでの生活に甘え、色々な事を考えるのが面倒になってきています。

これまでに感じた事の無い旅の疲れ…

まだまだ旅を続けたいという気持ちはガンガンに残っているのに体は重く、気付けばいつも一番楽な事を選んでいる自分がいます。

今の僕につい1ヶ月前まで常に感じていたワクワクは戻ってくるのだろうか?

このままでは終わらないとは分かっているのですが、僕にはこの長いトンネルの終わりがまだ見えません。

アフリカに行く前に何とかしなければ…

取りあえず今日のシュノーケリングではケガをしませんでした。