2006/4/16

連休3日目。今日はダイチ君に起こされ、何とか早起きする事が出来ました。といっても11時前。

僕等は明日、サッカーを観に行く事にしていました。ブエノスアイレスには、かの有名なマラドーナも在籍していた「ボカジュニアース」という有名なサッカーチームがあり、その試合が明日の夜、ボカのホームで行われます。僕はサンパウロでサッカーを観て以来、アルゼンチンに行ったら絶対にサッカーを観ようと思っていました。ボカの試合はとても人気があるらしく、チケットは事前に購入しなければ買えないという事だったので、今朝はその為の早起きでした。朝食もとらずにホテルを出て、いざスタジアムのあるボカ地区行きのバスに飛び乗りました。


スタジアム周辺はボカ一色

しかしスタジアムに行ってみると、チケットは明日の昼から発売という事で買う事が出来ませんでした。明日の朝、もう一回来るのかぁ・・・。まあ他にやる事も無いし、おかげでもう一日、早起きする予定が立ったので良しとするか。


カミニートは色鮮やか

という訳で、スタジアムの周りを歩きながら、観光地としても有名なボカ地区のカミニートと言う所へ行ってみました。アルゼンチンと言えばタンゴ。カミニートはタンゴ発祥の地として知られており、通りに面したオープンカフェのレストランはタンゴショーを売り物に多くの客を集めていました。もちろん通りで見るだけならタダ。更にカミニート周辺の建物はボカ生まれの画家、キンケラ・マルティンの手によってとても可愛らしくペイントされており、歩いているだけでウキウキしてくる様な所でした。

夜ご飯はダイチ君とユウキ君と三人で、ブエノスにある韓国人街に焼き肉を食べに行きました。ここは一人20ペソ(700円)で食べ放題という貧乏旅行者にとっては涙が出る程嬉しいサービスをやっており、完全なる韓国式焼き肉なので肉以外にもキムチ等の小皿料理が山ほど出てきます。3分置きにお代わりを聞きにやって来る働き者のウェイターのおかげで、食後は暫く動けなくなるくらいお腹いっぱいになってしまいました。ここなら週に一度は来れる。3回目のダイチ君のお別れ会もここでやる事にしました。

そんな感じでブエノスに来て初めて観光らしい観光をしてきましたが、その後はいつもの様にダラダラと過ごしているうちに、一日が終わってしまいました。

明日は連休最終日。そろそろ僕も先の事を真剣に考えなければ・・・と言っても日に日に快適さを増して行くビクトリアホテルでの生活に段々と腰が重くなっています。

ヨーロッパ出発まであと15日。