2006/4/5


さよならポトシのハズが…

ウユニ到着!!と、言いたい所なんですが、またもや予期せぬハプニングが起こり、僕はまだ標高4070mの小さな町に一人、取り残されています。パラグアイ入国以来、本当にツイていない僕の一人旅。この先どうなってしまうのだろうか?


町中歩行者天国

これでは車は通れない

朝一でホームページの更新を済まし、ウユニ行きのバスが出る町の下の線路まで降りて行くと、いきなりバス会社のネーちゃんが「今日はバスが出ない」と言ってきました。
「え?どうゆう事?」と聞き返すと、この町は今日一日、何かのイベントが行われているらしく、町中の道路が全て閉鎖されているというのです。
』そんなら何でチケットを売るんだよ!とキレそうになりましたが、キレた所でどうにもなりそうにないので、僕はがっかりとその場に座り込んで暫く動く事が出来ませんでした。
またしてもコレか…せっかく高山病も少し良くなった所だったのに…
上手く行かないのがすっかり当たり前になってしまったここ最近の一人旅に仕方無く気持ちを切り替える事にしました。


天気がいい事だけが救いでした

セントロから離れると町は更にボロボロに

今日は路線バスも走っていないので、帰りは坂道をゼーゼー言いながらさっきチェックアウトしたばかりのボロホテルへと戻りました。僕が戻ってくるとホテルのネーちゃんはそりゃーそうだとばかりに笑っていました。どうやら、僕だけが今日の出来事を知らなかった様です。しかし今日は天気も良かったので、有り余る時間を使ってあのタワーにリベンジしてみる事にしました。折角のなので、昨日とは違うルートで行ってみようと、迷路の様に入り組んでいるポトシの町を遠くに見えるタワーを目印に歩き始めました。


いざタワーへ!

昨日はタクシーでやって来たタワーまで一時間かけて歩いて辿り着くと、丁度タワーから工事のおっさんが出てきて、僕に話しかけてきました。
そしてダメ元で「登ってもいいか?」と聞くと、何と速攻でオッケーが貰えました。
僕は飛び上がりそうな程嬉しくて、今日バスが出なかった事に心から感謝しました。


毎日、嫌な事ばかりではありません

それにしても階段がキツかった

まだ工事中の為、エレベーターは動いていませんでしたが、そんな事は問題無し。
ゆっくりゆっくり階段を上りながらカラス越しに見える景色が段々と高くなって行くの楽しんでいました。

そして辿り着いた頂上からの眺めは…