2006/3/22


やっぱりオススメはアルゼンチン側

ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがるイグアスの滝は幅4キロ、最大落差80mという超巨大な滝です。そんな訳で全てをゆっくり見ようと思ったら最低でも2日はかかります。当初の予定ではブラジル側を1日、アルゼンチン側を1日と考えていましたが、アルゼンチン側が余りにもデカく、結局3日もかかってしまいました。しかし3日分の入場料30ドルが惜しく無いくらい、この滝の魅力を存分に堪能してきました。新しい旅の第一歩目にここを選んで本当に良かったと思っています。やはり世界はまだまだ広い。


アルゼンチン側の街、プエルト・イグアス

実は昨日からさりげなくアルゼンチン側の街、プエルトイグアスに泊まっています。本当はフォトドイグアスの隣にあるパラグアイの街、シウダー・デル・エステに宿を取ろうと思っていたのですが、何とブラジルとパラグアイの国境が何らかの理由で閉鎖されているらしく、仕方が無いのでアルゼンチンに入国する事にしました。ブラジルを抜けた途端に物価がガクッと下がり気持ち的にもかなり楽になっています。

明日は再びブラジルに戻り、その日のうちにパラグアイへ入国します。次の目的地は日系人の街、イグアス居住区。とにかくのんびりしていていいと旅人の間で評判のこの街は、国境の街からバスで一時間程行った所に有ります。何となく興味があったので寄ってみる事にしたのですが、恐らくここでやる事は何もありません。
予定は一泊。大豆畑でも見ながらのんびりしようと思っています。