2006/2/4


いざブラジルへ!

待ちに待ったブラジルビザをゲットしました。これでようやく山を下りる事が出来る。本当に嬉しいです。そして、僕らはこれからブラジルとの国境近くの街、サンタクルスへ向います。ボリビア初の移動はバスで20時間の道のり。この街で2泊し、いよいよ週明けにはブラジル入国。ボリビアでの滞在が僅か一週間で終わってしまいそうですが、カーニバルの後にもう一度、来るので、その時にゆっくり回ろうと思っています。

ここからは暫くダイチ君との二人旅が続きます。僕らは二人でいるけど、実は一人でいる様な不思議な関係で、本当に適当な感じで特に遠慮もする事無くのんびりやっています。そんなが僕らが立てた世界最大のカーニバル見物プロジェクトは以下の通りです。

1…最低でも1週間前にはサルバドール入りし、アパートを借りる。
2…そこでゆっくり自炊生活をしながら街の生活に慣れる。
3…丁度、慣れてきた頃にカーニバルが始まる。
4…そして、僕らは万全の状態で1週間踊り続ける。
5…2、3日カーニバルの余韻に浸りながら移動準備を始める。
6…次の目的地は「南米のイビザ」と言われるトランコーゾ。
7…そこではカーニバルのアフターパーティーが開催されている。
8…再び僕らは踊り続ける。

という感じで、まさに世界最大のカーニバル見物にふさわしい内容になっています。世界最大と言うとやはりリオのカーニバルですが、僕らの予算ではとても満喫出来そうに無いので、リオの様子はテレビで見ながら、同じブラジルで同時期に開催されるサルバドールのカーニバルを満喫して来ようと思います。ただでさえ陽気なラテンの人々が一週間踊り狂うカーニバル向け、間もなく山を下ります。

今日はいいバスに当たるといいな。