2006/2/28


カーニバルも残す所あと3日!

カーニバル5日の夕方。遂に目が覚めたら夕方4時を過ぎていました。昨日は何時に寝たんだっけなぁ?それすらも思い出せませんが、とにかく昨夜は最高だったという事だけは覚えています。

しかし僕の体も5日目にしてようやくカーニバルモードに突入しました。昨夜もホテルの近くのバーハ地区でカーニバルを楽しんできました。3日目の夜に「カーニバルを楽しむコツ」を何となく掴んでから、この2日間で僕らは完全にそれをモノにしました。昨日は本当に楽しかった。カーニバルも今夜を入れて残す所あと3日。後半戦に突入した世界最大のお祭り騒ぎは、増々の盛り上がりを見せています。

ビーチの端にある丘を見つけてから、ホテルとその丘とビーチをローテションしながら休憩ポイントにする事で今までより格段に長くカーニバルに参加出来る様になりました。まずホテルを出てから目の前を通るバンドをみて、その後ろへ付いて踊りながら丘の上まで登ります。そこでちょっと休憩していると、次のバンドが丘の前を通ります。バンドが丘の少し手前に差し掛かった辺りで下におり、通り過ぎるまで再び一緒に踊ります。続いてちょっとビーチでまったりするかと浜へ降りていき、裸で泳いでいる人等を眺めながら休憩します。そこで上を通るバンドの盛り上がりを見ながら、気に入ったバンドに合流して再び丘へまで登っていきます。ひたすらこれの繰返し。しかしこれだけで朝まで十分遊べます。


まだ4時です。

更にカーニバルも終盤に入り、夜遅い時間に登場するバンドが段々と面白くなってきています。3日目までは基本的にサンバ一色。たまにボブ・マーリーのカバーをやるバンド等も出ていましたが(その時は滅茶苦茶盛り上がります)、それも1日に1バンドくらいでした。僕は「サルバドールのカーニバルではサンバ以外にも色々な音楽が楽しめる」と聞いていたので凄く楽しみにしていました。これまでは殆どいなかったので、なんだかんだサンバなんだなぁと諦めていましたが、昨日は遂にそんな面白いバンドがゾロゾロと出てきました。ダンスミュージックを生でやるバンドやヒップホップバンド、更にアフリカの民族音楽をやるバンド等もあり、カーニバルは段々と音楽フェスティバルっぽくなってきています。通り沿いにあるレストランやバーから流れる音楽も段々とトランスやテクノ、ハウスなのどのダンスミュージック色が強くなっており、街中がまさにクラブ状態。多分ブラジル人もサンバは外せないとは思いつつも、実はこういう音楽が大好きです。深夜2時頃現れた生ダンスミュージックバンドの時はカーニバルの興奮はビークを迎え、本当に凄い事になっていました。


やっぱりここが一番面白い。

今までに見た事も無い様な大サポーター軍団に囲まれたそのバンドは、遠くから聴いただけでも滅茶苦茶カッコ良く、タダ事では無いと感がハッキリと分かりました。大急ぎでビーチから通りに上がってみると、まだバンドは遥か彼方にいるのに通りは既に狂った様に踊る人々で大騒ぎ状態。更に向こうからはもっと狂った様に踊る人々。凄い。凄過ぎるこの盛り上がり。僕らはその光景に圧倒される間もなく、アッという間にその渦に飲まれ気付けば狂った様に踊っていました。遂に来た!カーニバル!それはまさに僕らが待っていた瞬間でした。大人も子供も、お客さんも露店の人達も、ダンス率100%。みんな汗だくになりながら思いっきりダンシング。ビール売り達はコインの入った空き缶を振り回し、ごっつい黒人達は体をぶつけ合いながら激しく踊る。セクシーに腰を擦り付けあって踊るカップル、黒人のガキと向かい合って踊るダイチ君。ビールが飛び交い、どこかで殴り合いが始まる。逃げまどう人々。走るポリス。それでもみんな踊る事が辞められない。誰もが最高に楽しいこの瞬間から逃れられない。音を楽しむ。ここにはまさにその為だけに作られた音楽があります。僕はこの為になら1年待てる。ブラジル人がカーニバルを楽しみにしている理由が何となく分かった気がします。

しかし相変わらずスリリングな状況は変わっていません。ハッキリ言ってお金をすられる心配はあまりしていませんが、自分の周りでケンカが始まった時に巻き込まれない様にしないとだけは思っています。しかしこのゾーンはやはり最高に面白いので思わず吸込まれていってしまいます。僕らはカーニバルを楽しみ過ぎていて、なんだこの日本人?!とたまに二度見される事があります。話しかけられる事もしょっちゅうあるのですが、如何せん何を言われているのかスペイン語の出来るダイチ君でもさえ分からない状態です。取りあえずハポネス(日本人)とか、カンフーの真似をしたり、例のグッドサインで対応しています。大体の事はこれで何とかなる。今日こそは他の会場に行こうとダイチ君と決めていましたが、起きる時間が遅かったのと、やはり近所の祭りの面白さに取り憑かれてしまったのとで、今夜もバーハ地区で思いっきり遊び倒す事にしました。

それではカーニバル5日目。行って来るぜ!