2006/2/27


ようやく面白くなってきました。

カーニバル4日目の昼。段々と寝る時間が遅くなっているにも関わらず、スヤスヤと寝ていられるのはやっぱり1時までが限界でした。今日は何時まで遊べるだろうか?そんな不安と闘いながら夜までの時間をのんびりと過ごしています。街の様子もいつも通りのカーニバルの昼の顔に戻っていますが、世界最大のカーニバルも4日目に入り、奇麗だったバーハの街は段々と悲惨さを増しいっているのも事実です。二日の朝は奇麗にゴミが拾われていましたが、街全体に段々と諦めモードが漂ってきました。ただ人々の熱気は冷めるどころか、更なる盛り上がりを見せています。本当に凄過ぎます、カーニバル。最高に楽しい。これだけ多くの人間がこれだけ盛り上がっている状態を見たのは生まれて初めてです。ここに来れば誰もが最高にハッピーになれます。どんなに危なくても、どんなに汚くても、どんなに人が多くても、そんな事は一瞬で忘れしまうくらい、街中が強烈な音楽のパワーと踊る人々の笑顔に満ち溢れています。誰でも自然と体が動き出す。昨日は2日目の反省を活かして、ついに僕らもカーニバルを大満喫する事が出来ました。

2日目までの僕らの敗因は単純に飲み過ぎです。カーニバルはいつも夕方から始まります。僕らの城は会場のど真ん中にあるので、屋上からライブをやっているトラックも遠目に見る事が出来ます。まさに最高の環境に居るのですが、あまりに近過ぎて休む暇がありません。昼過ぎに起きてご飯を作り、食べ終わってのんびりしていると、すぐにカーニバルが始まってしまいます。まだ早いといつも我慢しているのですが、外が余りにも盛り上がっているため段々とテンションが上がってきてしまいます。そして気付くと大分酔っぱらっています。ここまで2日間は完全にカーニバルの勢いに飲み込まれていました。


日を追うごとに盛り上がってきています。

なので3日目は出来るだけ長く、出来るだけ楽しくカーニバルに参加する事を目標にペース配分を考えて遊ぼうと二人で決めていました。まずは早めに行ってカーニバル会場を探索。僕らはこの2日間、ホテルのすぐそばしか遊んでいなかったので、果たしてこのカーニバルがどこまで続いているのか良く分かっていませんでした。しかも海沿いの通りにはまだ1度も出た事が無い。人が多過ぎて辿り着く事が出来なかったのですが、いざ強引に行ってみると、バンドが通らない時は意外に歩きやすく、しかもここが一番面白いという事に気付きました。バンドが通った時は通りに立ち止まって踊る人と歩きながら踊るサポーターでとんでもない盛り上がりを見せます。そしてここは超危ない。僕らが居た所は何故か最も危ない場所でバンドが通る度に殴り合いやビールの投げ合いが行われていました。ケンカが始まると一瞬で周りの人達が逃げ始め、辺りは大変な事になります。踊り狂う人々、逃げ惑う人々、警棒を振り回して走るポリス、逃げる黒人。ここはまさにカオス。しかし間違いなくここが一番面白い。歌のサビ部分が来ると、まるでサッカー日本代表がゴールを決めた瞬間の様な爆発的な盛り上がりを見せ、人々は踊り狂います。男も女も、大人も子供も、ポリス以外は誰もが最高に楽しそうに踊っています。危ないと分かっていても辞められない。そしてバンドが通らない時は通りに面したバーやホテルが大音量で音を出しているので、あちこちがダンスフロアーと化しています。本当に一晩中踊っている。


3日目でようやく休憩スポットを発見。

僕らはビーチ沿いにのんびり休憩出来る丘を発見し(知っていたが今まで辿り着けなかった)、そこで休憩を取りながらバンドが通る度に通りに降りていってもみくちゃにされながら踊っていました。しかも海に突き出た丘の上からは走るトラックの動きを全て見る事が出来ます。今までは音は聴こえても自分の前を通った時しかバンドの姿は見えなかったので、行ってしまうと急にやる事が無くなってしまっていました。丘の上からはバンド常に見えているので人々の盛り上がりが段々と近付いて来る様子がハッキリと分かります。僕らが居た丘からトラックのスタート地点であるビーチの向こう端までは歩いて10分程の距離なのですが、バンドはここまで来るのに恐らく1半時間以上はかかって人々を踊らせながらやって来ます。バンドの演奏に合わせてみんな好きな様に踊っているだけなのですが、同じユニフォームを着ているので凄く一体感がある様に見えます。そこに通りで踊る人々も加わり、バンドは一つの渦の様になってこちらへ向ってきます。この渦の中が最高に面白い。僕らはその固まりに何でも突っ込んでいっては、カーニバルの醍醐味を体中で味わっていました。そしてトラックは僕らの前を通り過ぎるとそのまま隣のビーチへ向って走り去っていきます。光の渦は彼方まで続いており、終わりがどこなのか?今の所分かりません。

カーニバルはバーハ以外にもこの街の2カ所で行われています。どうせだから全て見て回ろうと考えているのですが、帰りの交通手段がタクシーしか無く凄く高い。しかもホテルのすぐ前の通りが一日中大渋滞しているのを見ているので、なおさら乗る気になれません。そん訳で僕らは「近所でこんなに面白い事がやっているのにわざわざ見に行かなくてもいいか」モードに入りつつあります。

取りあえず今日も既に外は凄い事になっているので、バーハで4日目のカーニバルを楽しんできます。今夜もどうなる事やら。