2005/12/18


タコス!(20ペソ)

今日から再びサンクリストバルの日本人宿でお世話になっています。そして、メキシコシティーに置いてきた僕の忘れ物も無事に返ってきました。これでiPodが充電出来る!後は明日、今後の情報収集やホームページの更新等を済ませれば、いよいよ約1ヶ月半過ごしたメキシコとお別れです。

今日はパレンケで湿ってしまった衣類を洗濯したり、寝袋を干したり、あまり外には出ずに宿でのんびり過ごしていました。さすがに5日もこの小さな街にいると行く所も無くなってしまいました。自分が欲しい物がどこに行ったら買えるのかも大体分かってしまったし、毎晩、ライブで盛り上がっているお店も、いつも同じアーティストばかりで飽きてしまいました。

旅人には一つの場所に数週間もいる人と、3日置きくらいに移動して各地を回る人と2パターンの人がいます。旅行の日程や回る国によっても多少、異なるが、「自分はどちらかと言うとこっちだ」というのが誰にでもあると思います。僕の場合は多分、後者。メキシコシティーには大分、長くいましたがそれはあの街がそれだけ大きく、魅力も十分にあったと言うだけで、基本的に僕はどこに行っても2、3日で街の感じが大体、分かってしまい、どこに行けば何があるかも大体、分かってしまいます。一度、歩いた道は絶対に忘れないし、多分、方向感覚も人より優れていると思います。なので、同じ所をまた歩くより、早く違う所に行きたくなってしまいます。

これには僕の歩くペースが人の倍くらい早いというのと、人より常にキョロキョロと色んな物を見ているというのも関係していると思いますが、とにかく飽きっぽい。ただ、今回の旅は普通の人よりは何倍も長いし、短期間の移動を繰り返すと気付かないうちに体力が消耗してしまうので、自分が本来考える滞在期間にプラス1日〜2日を一つの場所で過ごす事にしています。おかげで今の所、体調もバッチリ。そして、余裕を持って旅をする事の楽しさも段々と分かってきました。

最近は専ら「今日は何を作ろうか?」ばかり考えています。今日のメニューは野菜炒め。近所の大型スーパーへその食材を買いに行き、キャベツを買うかどうかで10分程、悩んでしまいました。キャベツなんて絶対に全部食べきれない。でも、野菜炒めにはどうしてもキャベツを入れたかった。結局、諦めきれずに半分に切ったサイズのキャベツを買って宿に買えると、ナント宿のキッチンに「フリーキャベツ」なるものが置いてありました。

自炊が出来る設備がある宿には大体、「フリー食材」なる物が存在します。通常は塩、コショウ等の調味料や油などを無料で提供している程度なのですが、ごくたまに出て行った人が要らなくなった食材をフリー食材として置いて行く場合があります。まさかフリーキャベツが出てくるとは全く想像もしていなかったので、これにはかなりショックでした。そして、恐らく僕が買ったキャベツも「フリーキャベツ」としてこの宿に置いて行く事になりそうです。

幸いな事に今の所、日本食を食べたいという気持ちは全く起きません。マクドナルド等のファーストフードも一度も食べていない。元々、こっちの日本食なんて食べる気もないし、メキシコは僕が今まで行った外国に比べると料理が凄く美味しい。食の感覚に関しては日本に近いモノがあると思います。でも、先日この宿でお土産の沢庵の漬け物を食べたら、忘れていた何かが一気に蘇ってきました。

そして、これからの僕の重要課題はやはりスペイン語。どこに行っても英語が殆ど通じない中南米では、スペイン語の修得は必須だと思います。というのは大分、前から分かっていた事なのですが、もう何年も勉強とはほど遠い生活をしていた為、中々机に向って勉強する気になれません。時間は山ほどあるのに。日本人宿に泊まっているから、出来ないという訳ではないし、本当に自分のやる気の問題です。この街を出たらやり始めようとメキシコシティー辺りからずっと考えていましたが、そのままいくつもの街を通過してしまいました。しかし、次に僕が向うのは「新しい街」ではなく「新しい国」。これを機に頑張ってスペイン語の習得に励もうと思います。取りあえず単語帳でも作るかな。