2005/12/17

昨夜は凄まじい雨でした。かろうじて雨漏りだけはしませんでしたが、この雨のおかげで湿気が凄い事になり、僕の荷物が何かも湿ってしまいました。

今日はパレンケの街に一泊し、アグア・アズールという滝を見に行こうと思っていたのですが、昨夜の雨と、荷物が湿ってしまったせいで一気にテンションが下がり予定通りサンクリに帰る事にしました。

バスが来るまで3時間程あったので、再び昨日のチキンを食べに行く事に。昨日の安さは計算間違じゃないかと思い、今日はその隣の店で同じ物を注文。しかし、出てきた物も味も昨日と殆ど一緒でやはり200円。

この値段でこの満腹感。これなら一日に一回は食べてもいい。僕は2食で鶏をまるごと一匹、食べてしまいました。ちょっと物足りなさも残るパレンケでの滞在でしたが、遺跡は最高に素晴らしかったし、このチキンにも出会えたので、まあ良かったかな。

帰りのバスは来た時と同じ山道を5時間半。一度、見た風景でしたがボーッとしながら外を眺めていたらアッという間に着いてしまいました。

バスに乗っている時はいつも外ばかり見ています。窓から見える景色はどれも初めて見る物ばかりで、何時間見ていても飽きる事がない。山奥に突然現れる集落を見ては、そこでの生活を想像し、面白い形の雲を見つけては自然が作り出した景色に感動する。

僕は子供の頃から乗り物に乗るといつも外ばかり見ていました。小学生の頃は電車の座席に膝立ちして流れて行く景色を見るのが好きでした。鼻歌を歌いながら外を見ている僕の横で、母親はいつも恥ずかしそうな顔をしていました。学校では落ち着きがなく、いつもキョロキョロしていると言われていました。そして、僕はそのまま大人になってしまいました。

そして、もっと色々な景色が見たくて旅に出ました。

この旅の中でいつか窓の外を見飽きる時が来るのだろうか?

久々に戻ってきたサンクリストバルという感じですが、離れていたのはたったの3日。今日はカサカサでは無く最初にこの街に来た時に泊まった安宿に泊まっています。急いであの宿に帰りたいという気はあまりなかったし、たまっていた日記も整理したかったので、この宿のシングルを選びました。晩ご飯は当然の事ながら自炊。今日は初めてナベでお米を炊いてチャーハンを作りました。ちょっと芯が残っていましたが、初めてにしては上出来。実は一度、自炊をする事の安さを知ってしまうと、外でご飯を食べる気に全くなりません。なんせ100円程度の食材(肉も入れて)で、3食分は作れてしまうからです。ただでさえメキシコは宿代が高いので、贅沢な食事は出来るだけ避ける様にしていますが、それでも一食300円。メキシコでの滞在費は残り4日で4000円と決めているので、今後も自炊は欠かせなくなりそうです。

そんな僕が今、最も欲しい物は調味料。たくさん使わないから買うのを渋っているのですが、せめて塩とコショウが欲しい。あと醤油があったらベスト!日本から持ってくれば良かった後悔しています。明日は忘れ物を引き取りに行かなければならないので日本人宿に移動しますが、上手く届いていれば後2日程でいよいよグアテマラに突入します。そろそろメキシコもお腹いっぱいになってきたのでグアテマラが楽しみです。

ちなみにサンクリストバルでは今日も盛大なパレードが行われていました。凄い人だかりだったのでツーリストインフォメーションの人に「何のパレードか?」と聞くと、「コカコーラのパレード」だと言っていました。

メキシコの夜はいつも賑やかです。