2005/11/24

今日は昨日、一緒に学生証を作りに行ってくれたあっき君と一緒に

メキシコシティーで最も危ない場所と言われている「テピート地区」と呼ばれる

巨大マーケットに行ってきました

スペイン語ではマーケットの事を「メルカド」と言うのですが

この場所はあまりに巨大すぎて「地区」と名付けられています

これまでメルカドには何カ所か行った事があるのですが

ここは本当に桁違いにデカかった

1本の通りが5列くらいに分断されて延々と出店が並んでおり

そんな通りが編み目の様に一つの街を飲み込み

まさに迷路の様な状態になっていました

品物のジャンルによってマーケット内は細かくブロックが分けられており

例えば、ゲームソフト、家電製品、古着、特に海賊版のDVD、CDに関しては

音楽のジャンル毎に別れていて

更にはジャケットに入れる表紙の紙だけを売る店や、ディスクに張るプリント

シールだけを売っている店など

こんな事やっていいのっていうくらいここは偽物天国

しかしそれだけブロックが細分化されているにもかかわらず

ちょっと歩いただけでもう自分がどこにいるのか分からなくなってしまいます

僕らは何度も迷子になりながらひたすら歩き続けました

ここはスリや拳銃強盗が多く発生していて、手ぶらで行った為に

写真を撮って来れなかったのが残念な所ですが

この街にこんな面白い所があったとは…

すっかりハマってしまい明日もアキ君一緒に行く事になってしまいました

メキシコシティーでの滞在があまりに居心地がよく気付けばもう5泊目です

日に日にこの宿に泊まる日本人とも仲良くなってしまい

増々出発し難い状況になっています

旅人達の間では1カ所から抜け出せなくなり

その街や宿に何ヶ月も滞在してしまう事を「沈没」と言います

実際にこの宿にはそんな人が何人もいます

そして僕はその底なし沼に片足を突っ込みかけています

今メキシコ国内をもう少し回るか、早めに次の国に移動するかで悩んでいます

メキコにはまだ行ってみた街が何カ所かあるのですが

やはり移動費の高いこの国ではその全てを回るのはかなり厳しい

かといってもう少しこの国を見てみたい気もします

どうすっかなぁ〜?

と、考えているうちに、1泊500円のこの宿の快適さに

ついついボーッとしながら毎日が終わっていきます

まだまだここでやり残した事もあるし

それが全て終わるまではゆっくりするかな