2005/11/20

出発から1週間

ようやくメキシコの首都、メキシコシティーにやってきました!

宿代を浮かす為に夜の移動しようと思ったのですが

さすがに観光スポットも無い街に3日もいるとやる事がなくなってしまい

昼間のバスに乗る事にしました

日記に書いてる明日の予定を毎日の様に変更していますが

これも旅の醍醐味!という事で。。。

今日乗ったバスは前のより格段に快適でした

メキシコのバスターミナルには、いくつかのバス会社のブースがあり

どこも大体同じ路線のバスを運行しています

値段も多分ほとんど変わらないと思ったので

最も人が並んでいた所を選んでチケットを買ったらこれが大正解でした

座席はゆったりだし、トイレと座席がちゃんとドアで仕切られているので

匂いが漏れて来ないし
(前回は一番後ろがトイレになっていて誰かがウンコをするとバス中に匂いが充満していました)

おまけにドリンク&スナック付き

まさに至れり尽くせりでした

グアダラハラからノンストップで走り続ける事7時間

車内で流れていた三本目のハリウッド映画が終わった時

暗闇の彼方に一面に広がる光の波が見えてきました

それがメキシコシティー

天気は初めての雨

さすがに首都だけあって今まで僕が通って来た街とは何もかもが大違い

バスターミナルも半端じゃないデカさ

多くの旅行者や物乞いで溢れかえり、まるでアジアの混沌とした雰囲気でした

この街で僕が泊まろうとしていた宿は旅人の間で「日本人宿」と呼ばれている

宿泊者が日本人しかいないちょっと変わった宿です

この様な宿は世界各国にあり「地球の歩き方」に載っている程、有名です

何故こんな宿があるのかと言うと

僕の様な一人旅をしている人は安宿などで出会った他の旅行者と

情報を交換しながら旅をして行きます

どこの国の旅行者でも必ず英語を話せるので会話は当然英語

しかし日本人は僕も含め英語を話せないのに旅をしている人が多くいるので

いつの間にか日本人同士で固まりこういった宿が出来上がる様です

海外に来てまで日本人で固まるのはどうなの?って思うかも知れないけど

多くの日本人が集まるだけあってそこにある情報の量は半端じゃない

僕の様な右も左も分からない旅人にはもってこいの宿なのです

が!しかし…

満室でした

マジ!?今まで一人も日本人に会ってないのに

このドアの向こうにはそんなに日本人がいるの!?

満室だなんて考えてもいなかったのでショックというより

その事の方がビックリしました

他の宿は調べて来なかったので、雨の中、僕は路頭に迷ってしまいました

ここはどの辺?

それすらも分からない状態で暫し、呆然と立ち尽くしていると

向こうから一人の日本人が歩いてきました

メキシコに来て初めて日本人

その方がガイドブックを持っていたので

二人で近くの宿にチェックインしました

助かった〜

メキシコに来て1ヶ月半というその方は、僕と同じ様なルートで6ヶ月かけて

中南米を旅する予定らしい

メキシコに来て、日本語どころか英語すら殆ど通じない環境にずっといたので

久々に日本語が話せてちょっとホッとしました

取りあえず2日はここに滞在しますが

メキシコシティーでの滞在予定は1週間

その間にこれから先の事を色々と調べたいので

またあの日本人宿にトライしてみようと思います

っていうか旅をしている外人は回りに一杯いるんだけどね

英会話も頑張らねば