2006/10/23


眺めのいい宿

ちょっと早いですが、アフリカ旅行延長決定!!

エチオピアを下り始めて以来、ずっと考えていたこの先のルート。アフリカに来る前はサファリを見たら終わりにしようと思っていましたが、やはりもう少しだけ先に進んでみる事にしました。恐らくもう2度と来る事はないだろうし、全部で何と51カ国もあるアフリカ大陸をたった2カ国だけで終わるのは正直勿体な過ぎる。全てを見る事は出来ませんが、せめてあと3カ国。ウガンダ、ルワンダ、タンザニアだけ猛ダッシュで回って見る事にしました。

何故、猛ダッシュかと言うと、僕はタンザニアの首都、ダル・エス・サラームからインドに飛ぼうと考えているのですが、今日、マダガスカルへ向う飛行機チケットを買いに行ったテツさんの情報によると、11月の終わりから12月一杯にかけては、アフリカに多く住んでいるインド人が里帰りのため一斉にインドに帰るそうです。そうなるとどんなチケットでも連日ほぼ満席状態で、インドに行く事さえも危うくなる。という訳で、11月20日前後。このリミットだけは絶対に死守して残りの3カ国を回ろうと思っています。

と、言いながら全く予測不可能はアフリカの旅。ホントに大丈夫かなぁ〜。


ゴリラ入りルワンダVISA

という訳で、週明けの今日は、早速、この先向うルワンダのビザを取ってきました。ウガンダ、ルワンダ、タンザニアは共にビザが必要なのですが、どの国も国境でお金を払えば簡単にビザを取る事が出来ます。しかしルワンダビザだけはナイロビやウガンダの首都、カンパラにある大使館で取ると、世界でこの国にしか生息していないマウンテンゴリラのホログラム入りのビザが貰えるのです!!僕はどうしてもこのビザが欲しくて事前に取っておく事にしたのです。値段も同じだし、即日発行。これを取った事でルワンダに行く事が確実になり、サファリから帰った後の旅が見えてきました。


上からだと平和に見える街並

今日は朝から宿を変えたり、両替え、ビザ取り等をやっているうちにアッという間に夜になってしまいました。他のみんなもサファリ後のそれぞれの旅に向けた準備に一日中、動き回っていました。そして夕方、宿で顔を合わせて明日からサファリに行く準備が出来たかを確認し、いざ申し込み。

僕等が申し込んだのはケニアで最も人気のあるマサイ・マラ国立保護区と大群のフラミンゴが見られるナクル湖国立公園を回るサファリツアー。そしてこれにマサイ族の集落訪問をセットにして合計3泊4日。宿泊費、食費、国立公園の入園料を全て含めてお値段は270ドル。しかもナイロビでの無料宿泊5泊付き!!270ドルは決して安く無い金額ですが、今朝までいた宿では同じ内容で320ドルまでしか下がりませんでした。それに無料宿泊は3泊まで。元々、これくらいはすると知っていたので僕的には文句無しです。それに5人で申し込んだのでツアー参加者は僕等だけ。気の合う仲間達と最高の思い出作りをして来ようと思っています。

あ〜明日が本当に楽しみ!!

ハッキリ言って、サファリって一体、どんなモノなのか僕には全く想像が出来ません。

テレビで観た事がある様なあんな世界が本当に見られるのだろうか?

とにかくそれは行ってみないと分からない事。

早く動物見たいよー!!