2006/10/11


今日のシンペイ

アワサから8時間。今日もゲロ臭いバスに揺られてやって来たのはエチオピア南部ガンモ・ゴファ州の州都、アルバ・ミンチ。これから向う場所の中で最も大きな街だと思われるアルバ・ミンチですが、辛うじて街と呼べる程の大きさで期待していたわりには何も無さそうな所です。


ウソの様なホントの景色

バスから眺めは今日も抜群に奇麗でした。僕はまだサバンナというモノがどんなモノなのか今一分かっていませんが、アジスから南下するに従って平地を走る事が多くなりました。どこまでも続く原っぱ。まばらに生える低木。気温もググッと上がり段々とアフリカっぽくなってきた様な気がします。


無駄に中庭が広いのがGood

今日は久しぶりに快適な宿に辿り着き、1日の殆どを宿のだだっ広い中庭で過ごしていました。洗濯も出来たし、シャワーもちゃんと浴びれたし、部屋は快適だし大満足。本来ならそんなの当たり前の事ですが、エチオピアはこれだけ雨が降っているにも関わらず水不足です。恐らく下水設備がしっかりと整っていないのだと思いますが、蛇口をひねっても水がでないのは当たり前で、もちろんトイレも流れません。水がなければ掃除もままならないという事で、ドアを開けた瞬間にやる気がなくなってしまう程汚いトイレの方が普通です。そんな訳で洗濯するのも一苦労。しかしこの宿は大きなタンクに大量の水を溜め込んでおり、誰にも遠慮する事無く洗濯する事が出来ました。

当たり前の事が当たり前では無いアフリカでは、ホッと一息つけるちょっとした事がとても幸せに感じられます。


今日はベジタブルデー

明日はもう1日、この街に滞在してのんびり過ごそうと思っています。恐らくこんなに快適なのはここが最後。電源もちゃんと使えるし日記の整理でもするかなぁ〜。