2006/1/11


コロニアル都市にもさすがに慣れました。

今日は完全に旅の中休み。溜まっていたホームページの更新作業をしながら、ペルーにある沖縄という宿でのんびりと一日を過ごしていました。この宿は僕が今まで泊まった日本人宿で最も快適な宿です。中は完全に日本なのですが、泊まっている人が少なく、部屋も広いので窮屈な感じが全くしない。僕の部屋に泊まっているのは現在、3人。昨日、奈良からやってきたばかりの大学生コーヘー君と北海道からやって来た20才、コーイチロウ君。僕だけ大分、年が離れていますが、3人とも気が合い結構、楽しくやっています。

ハッキリ言って見所など何も無いリマですが、僕はこの街でやらなければならない事が3つあります。1つ目は溜まっていたホームページの更新作業。ただ、日記を書くだけならそれ程、大変では無いのですが、写真や日記をサイトに持って行く作業が意外に面倒くさい。僕はなるべくホームページにたくさん写真を載せたいと思っていつも写真を撮りまくっています。やはりダラダラと長い日記を読むよりは、実物を見てもらった方が分かりやすいし、その方が読んでくれている方々も楽しめると思っているからです。後はビデオカメラを持っていない分、写真で何かを伝えられればと思っていると言うのも理由の一つです。しかし、サーバーに要領の限界があるので何でもかんでも載せる訳にはいかず、使いたい写真を最小限に絞って、いちいちフォトショップでサイズを変換しなければならない。これが大変。とはいえ少しでもたくさんの世界を皆さんにも見てもらいので、ホームページをやっている事自体は全く苦ではありません。そして、この作業は、今日一日で殆ど終わりました。

続いて2つ目は今後のルート選び。昨日の日記にも書きましたが、ここからどっちに向って旅を始めるかという事です。なるべく無駄無く、なるべくたくさんの国を回る為に、この宿にある情報ノートなどを見ながら日々、頭を悩ませています。リマには後4日程、滞在する予定なので、これはそれまでにゆっくり考えればいいかなと思っています。

そして、3つ目。実はこれこそが僕がわざわざ飛行機に乗ってまでリマに来た理由です。ギリギリまでみんなにヒミツと言う事で隠していましたが、多分、この日記をアップする頃にはもう分かっている事なので言ってしまいます。何と明後日、この街に日本から僕の大学時代からの親友、シンスケ君がやって来ます!前々から正月休みを利用してやってくると言う話が水面下で進んでおり、12月の初め頃から僕も彼もそれに向けて動いていました。しかも、12日の夜中に空港に着いて、14日の夜には帰ってしまうという南米旅行としては考えられない程の超強行スケジュール。2日では相当、お金を使わないとこの何も無い街から離れる事が出来ないので、ハッキリ言ってバカとしか言いようの無い海外旅行ですが、僕はそんなバカな彼が大好きだし、そんな事はおかまい無しで僕に会いに来てくれる彼に本当に感謝しています。なので、僅かな滞在期間を思いっきり満喫してもらう為に、僕は3日前にリマ入りし、彼が来るまでに周辺リサーチを行っておかなければならないのです。しかし、場所の設定は本当に何気なくペルーのリマ辺りが来やすいんじゃない?っていう程度で選んでしまったので、後々になって少し後悔しています。2日ではマチュピチュには行く事が出来ないし、後になってこの街には何も見所が無いという事に気付いてしまい少し焦っています。この際、多少の出費は止む終えないので、飛行機でナスカの地上絵を見に行こうと思っていますが、それだけではもったいないので他にも見所が無いか現在、急ピッチでリサーチを進めています。といっても今日は何もしていないので、明日から二人で泊まる宿探しから、ナスカツアーの値段を調べに旅行代理店を回ろうと思っています。

そんな中、今日は同室のメンバー3人とこの宿に泊まっている世界1周中の夫婦5人でリマにある「西海」という日本食屋に晩ご飯を食べにいってきました。ここは完全予約制の日本食レストランで、しかも一日一組限定。といっても全然、高級なレストランでは無く、普通の民家のダイニングで食べるかなりリーズナブル日本の定食屋と言った感じでした。メニューは日替わりで、この日はご飯とみそ汁、お漬け物、天ぷらにお刺身。そして、デザートにメロンという完全に日本の家庭料理のフルコースでした。これで一人15ソル(600円)。


旅人にエサを与えないで下さい。

旅に出て2ヶ月。僕は中南米のご飯が比較的好きなので、とくに日本食が恋しくなると言う事はありませんでしたが、2ヶ月ぶりに日本食を目にしたら、やはり居ても立ってもいられず、「あー」とか「うー」とか唸りながら、思いっきりに日本を満喫させてもらいました。やっぱり日本食が一番美味しいです。毎日、日本で食べているとその有り難味が分からないかも知れませんが、皆さんがとても羨ましくなりました。世界に誇れる日本の食文化。僕の分まで美味しい物をたくさん食べて下さい。

明日からはシンスケ君の短いペルー旅行を最高に楽しんでもらう為、コーディネーターとて活動を始めます。リマは危険すぎて夜遊びが出来ないので、ここからタクシーで15分程行った、ミラフローレスという街で宿を探し、旅行代理店を回ろうと思っています。二人で楽しい日々が過ごせるかは僕の腕次第。旅行期間の2ヶ月の経験を活かして、最高の思い出を作れる様、頑張ろうと思います。