2007/4/7


歩くのが僕の仕事

ハノイ2日目。7時に目覚ましをセットしたはずなのに目が覚めると10時を回っていました。

天気は曇り。

今日は早起きしてハノイ最大の見所、ホー・チ・ミン廟に行く予定だったのですが、寝坊した為に行く事が出来ませんでした。

ベトナム建国の英雄、ホー・チ・ミンの遺体が安置されているこの場所は無料で見学出来るのですが、開廟時間が何と朝の7時半から10時半までの3時間しかありません。

って早過ぎるよ!

ベトナムに入って以来、夜行バスに乗るのが久しぶりのせいかバスの中であまり眠る事が出来ません。しかも到着はいつも早朝。フラフラで宿に辿り着きシャワーを浴びると、当然眠気が押し良てくる訳で、昨日も午前中はぐっすり眠ってしまいました。僕はちょっとでも昼寝をしてしまうとその夜は中々眠れなくなってしまう体質で昨夜は3時過ぎまで眠れませんでした。

それでも頑張って起きるぞ!と気合いを入れて寝たのに…

そして明日は早くも移動日。しかもビエンチャンまで再び24時間のバスの旅。この調子で動いているとそのうち体調を崩しそうな気がしています。しかし、そうも言っていられない。タイのチェンマイまで行けば少しゆっくり出来るので、そこまでは頑張ります。

寝坊の為、今日の唯一の予定が無くなってしまったので、午前中は部屋でダラダラと過ごし、午後からは昨日と同じ様に宿の周辺の旧市街を探検していました。

ハノイはそれだけでも十分、楽しめる街。


Cau Long Ben

今日、行って来たのは旧市街の外れにあるロンビエン橋。フランス植民地時代に造られたとての大きな橋で、全長恐らく1キロ以上あります。この橋を設計したのはパリのエッフェル塔を設計したエッフェル氏。戦争時にはアメリカ軍に何度も空爆され、その度に修復され今に至るそうですが、いつ崩れてもおかしくない程ボロボロでした。歩道を歩いていると隙間から遥か下の地面が見えるので滅茶苦茶怖い。歩いて渡っている人は殆どいないし、あまりに長いし、あまりに怖いので途中で引き返してきました。

今日はベトナムに来て、本気でムカついた事が一つありました。昨夜、行って気に入った屋台で、昨日と同じぶっかけご飯を食べたら同じ物なのに値段が3倍もしました。昨日も来てるから値段知ってるんだよ!と、文句を言っても全くの知らんぷり。

ベトナム人マジでムカつく!!!!

僕はベトナム人に来るまでベトナム人がこんなにムカつく人達だとは思っていませんでした。彼らは本当にぶっきらぼうで、英語が分からない人は基本的に何を言っても無視、またはあっち行け的な仕草をします。それでもご飯はローカルで食べた方が断然に安いので僕は構わず突進して行くのですが、あまりに冷た過ぎるので段々とその気力が萎えきます。そしてどんなお店でも大抵ボられます。今日は昨日、5500ドン(40円)で食べたぶっかけご飯に20000ドン(150円)も払わされました。インド人もムカつくヤツが多いけど、愛想が良い分だけ彼らの方がよっぽどマシ。

飯は本当にウマいけど、こんな国2度と来るか!

明日は夜6時発のバスに乗ってラオスの首都、ビエンチャンへ向かいます。到着は明後日の夜6時。どんなに長くてもベトナムを出れるなら辛く無い!

と、その前に明日こそは7時に起きてハー・チ・ミン廟へ行ってきます。