2007/4/11


ビエンチャンの丸の内

早くもやってきたラオス最終日。もうちょっと居たいけど仕方が無い。旅の最後にラオスでボケーっとするのも悪く無いけど、やっぱり僕の旅にはお祭り騒ぎの方が合っている気がします。

まだ見ぬタイの水掛祭り。

それをタイ国内で最も盛り上がるチェンマイで見れるなんて思ってもいませんでした。当然、大混雑が予想されますが、僕には石川キャプテンが付いている。彼とはベトナムにいる頃からちょくちょくメールのやり取りをしており、受け入れ態勢は万全との事。宿の心配も要らないので心行くまでお祭りを堪能して来ようと思っています。


住んでみたい

バスの出発時刻は午後3時。まだまだビエンチャンを歩いてみたかったので、早めにチェックアウトして街へ繰り出したのですが、途中から雨が振り出し、結局、ネット屋で雨宿りしているうちに出発時刻になってしまいました。

仕方無いか。

たった2日でラオスを満喫しようという方が無理な話。しかしこの二日間で前に来た時よりもこの国が好きになりました。


さよならメコン川

最後にもう2度と見られないかも知れないメコン川に別れを告げ、宿まで迎えに来たトゥクトゥクに乗り込みました。

そして、これが僕の世界一周旅行、最後の国境超え。