2007/2/25


まだまだ続く二人旅

たった3日なのにインドベスト5に入る面白さだったコルカタを後にし、仏教の聖地、ブッダガヤへやって来ました!

ここはブッダが悟りを開いた菩提樹の樹がある場所。

そして約3ヶ月に及んだ西アジアの旅、最後の地。

でも…寒っ!

ネパールで終わったと思っていた寒さがコルカタからたった8時間北上しただけでまたやって来てしまいました。しかも今日は生憎の雨模様。結局、夜まで雨が止まず、殆ど外に出る事が出来ずに一日が終わってしまいました。


何もしない一日

今日から久しぶりの一人…では無くまだまだ続く二人旅。

取りあえずこの旅史上最大にエラい事になっているホームページをどうするか考えつつ、仏教の聖地で座禅でも組みながらのんびりインドの旅を締めくくろうと思っていたのですが、またしても新しい出会いがあり、それどころではなくなってしまいました。

も〜今月は日記書くの辞めた!

トモさんに続く旅のパートナーの名はコウジ君。京都出身の26歳。日本から船で中国へ渡り、東南アジアを旅してバンコクからコルカタへ飛んできた彼は、何と僕とは逆周りで世界一周中。旅の期間もトータル1年半。なのに出発4ヶ月目でまだインドに来たばかり。

ホントに1年半で回れるの?

僕等はコルカタからブッダガヤへ向かう夜行電車の中で出会いました。周りは全てインド人で一杯の寝台車両で唯一のツーリストが僕とコウジ君でした。しかも寝台の上と下。始めはポツポツとしか言葉を交わさなかった僕等でしたが、話をしているうちにどうやらお互い同じ匂いがする事に気付きました。しかも彼は世界一周を目指して出発したばかりの旅人。そして僕はもうすぐ世界一周を終えようとしている旅人。更に彼はこれからインドを回ろうとしており、僕はようやくインドを終えようとしている。同じ目的を持ち、反対から世界を回ってきた二人が偶然にもインド人だらけの電車の中で出会えば盛り上がらない訳が無い。

という訳で、当たり前の様に部屋をシェアして一緒にブッダガヤでの生活を楽しむ事になりました。インド最後の宿は2ベッドでトイレ・シャワー付きなのに一泊、100ルピー(280円)という格安宿。

僕のブッダガヤでの予定は仏教の聖地であるマハーディ寺院(別名:菩提樹寺)への巡礼と、この街にある世界中の仏教寺院巡り。

その中にはもちろん日本のお寺も有ります。その名も印度山日本寺(にほんじ)と名付けられたこのお寺は、日本仏教諸宗派ならびに各総本山が超宗派で集結した財団法人によって建設、運営されているお寺で、ここで毎日、朝晩二回行われている座禅に参加するのも予定の1つ。これまでのインドはヒンドゥー教一色のインドの旅でしたが、最後の3日間は思いっきり仏教に浸ってやろうと思っています。

何と言っても僕はなんちゃって仏教徒。

今日は雨で行く事が出来ませんでしたが、座禅の事をコウジ君に話すと彼も是非、参加したいと言っていたので、明日の夕方の座禅には二人で参加して来ようと思います。

取りあえず明日は晴れる事を祈る!そしてもっと暖かい事を!

東南アジア上陸まであと4日。