2007/2/6


さらばマダム

いよいよ出発の日!電車は出発時刻は夜8時。何とかラホール編だけ更新出来たけどその先は間に合いませんでした。でも時間が無い。これからは作業をやりつつ旅を進めようと思います。

今回で3度目となるデリー。多く旅人が旅の出入り口としか考えていないこの街が僕は思いの外気に入っていました。彼女との再会。快適な宿。ちょっとお金にうるさいけど優しいマダム。何も無いけどインド臭さだけは他のどの街にも負けていないデリーは僕にとって数少ない心休まる場所でした。さすがに4度目は無いけど、ここならいつ来ても楽しめる。ただ写真を撮り過ぎてもう撮る景色がありません。

出発直前、こちらもラ・ホールで会ったチャリダーの佐藤君が僕等の泊まっていた宿に到着。トモさんと一緒にラ・ホールを出てインド国境の街、アムリトサルから4日かけてデリーにやって来ました。

まさにギリギリのタイミング。

佐藤君は僕が旅で初めて仲良くなったチャリダーで、約5年間無帰国で世界を走り続けています。アフリカ大陸1周。南米1周。途中でお金が無くなりニューヨークで1年間働き再びアフリカへ。中東を抜けようやくインド。僕には全く想像も出来ない大きな旅をしています。帰国は今年10月。強い日差しとインドの排気ガスで真っ黒になった彼はとてもカッコ良く見えました。順調に漕いでくれれば彼にはカトマンズでももう一度、会えそうなので3度目の再会をとても楽しみにしています。

そんじゃー行くぜネパール!何ですが、、、

7時半になってもまだトモさんが戻ってきません。

果たしてどうなる事やら。