2007/1/22


ひたすらバスの中

チベット仏教の本拠地、ダラムシャラよりローカルバスに揺られて8時間、今度は頭にターバンを巻いたスィク教の聖地、アムリトサルへやって来ました。

ここは再びやってきたインドの街。

アムリトサルからパキスタンとの国境まではバスで1時間。この街に2泊し、水曜日にパキスタンのラ・ホールへ向かおうと思っています。


次はどこからヒマラヤ?

今日は移動だけで丸一日を費やしてしまいました。ダラムシャラを出たのが11時。そこから電車の最寄り駅であるパターンコートまで4時間。パターンコートからアムリトサルまで3時間半。着いた頃にはすっかり日が暮れていました。


今日のバス。いつものバス

こうしてやって来たアムリトサルですが、久しぶりに宿探しに苦労しました。

ゴールデンテンプルというスィク教の総本山はとても素晴らしい寺院らしく、しかも、この寺院には巡礼者用の無料宿泊施設まで付いています。外国人旅行もここに宿泊する事が出来るのですが、僕はあまりに寒過ぎるダラムシャラで一度もシャワーを浴びる事が出来なかったので今日は出来るだけ普通の宿に泊まろうと思っていました。それに明後日にはバスでパキスタンへ向かうのでバスターミナルの近い方が何かと都合が良い。

しかし、ターミナル周辺のホテルを片っ端から当たってみたのですが、どこも高い宿ばかり。おまけに日本人だからという理由で2軒も門前払いされ、久しぶりに腹が立ちました。

このターバン野郎〜〜!!!

と、何度言いそうになった事か。でもイライラしたら自分の負け。


1泊140ルピー(390円)

こうして1時間程かけてやっと見付けたホテルは久しぶりのボロボロ宿。1泊140ルピー(390円)。シャワーはバケツでしか浴びれませんが、ターミナルは目の前だし、最上階の僕の部屋からの眺めが気に入りここに決めました。

しかし、チェックインを済ませて2泊分の宿代を先払いした後、早速、バケツでお湯をくれ!と頼むと、お湯は朝しか用意出来ないとターバンを巻いたオヤジに言われてしまいました。

このターバン野郎〜〜!!!

とは思いませんでしたが、おかげで今日もお風呂に入れず。

しかし、アムリトサルに来て唯一、嬉しかった事は思ったより寒くないという事です。ダラムシャラの夜は本当に救い様の無い寒さでしたが、ここはまだ我慢出来る範囲。それでも寝袋に入らないと寝られません。

明日はのんびり街歩きデー!

明日は次の移動の準備をしたり、ゴールデンテンプルに行ったり、ターバン族に混じって一日アムリトサルを歩き回ってみようと思います。