2006/12/5


今夜は飲ませて下さい

今日は一昨日のエローラに続くインドの古代遺跡巡り第2弾、アジャンター石窟寺院群に行ってきました。本当は行こうかどうか迷っていたアジャンター遺跡でしたが、わざわざ電車のチケットを変更して大正解の素晴らしい遺跡でした。

僕的にはエローラよりもこっちの方が良かったかな。

しかしその感動も一瞬で醒めてしまうくらいショッキングな出来事もありました。そんな訳で今日はインドに入って初めてのアルコールデー。申し訳ありませんがウィスキー片手に日記を書かせて頂きます。


Jalgaon

昨夜はバス移動の疲れか、夜の8時から12時という訳の分からない時間に昼寝をしてしまい、結局、明け方まで眠る事が出来ませんでした。

おまけに目が覚めると体中が痒い!

妖しいと思いながらも使ってしまった宿のブランケットにエチオピアで散々悩まされたアイツが潜んでいました。

まぁ放っとけば治るからいいか。


Ajanta Cave

目指すアジャンター遺跡まではジャルガオンの町からローカルバスで1時間ちょっと。そんなに早起きした訳では無いのに11時過ぎには遺跡に着く事が出来ました。

デカン高原の北西に位置するアジャンター遺跡は先日行ったエローラとは違い、ワーグラー渓谷の断崖絶壁に刻まれた岩窟寺院群です。ゆったりとカーブする川に沿って30もの石窟寺院が並んでいます。この石窟寺院が造られたのは紀元前1世紀頃と紀元5世紀頃の二つの時代に分けられ、その全てが仏教寺院。


保存状態が良いと言っても…

アジャンター遺跡の見所は壮大なスケールで削り出されたエローラの岩窟寺院とは対照的に比較的こじんまりとした寺院の内部に描かれた壁画です。法隆寺金堂に描かれた菩薩像のルーツである蓮華手菩薩や、仏教、ブッダにまつわる様々な物語が壁一面に描かれています。インドの絵画はとても古くから発展していたそうですが、高温多湿な風土の為、今でも残っている物は殆ど無いそうです。しかしこのアジャンターだけが唯一例外で、完成度の高い壁画が豊富に残っています。

と、ガイドブックに書かれていたのですが、実際に中に入ってみて見ると、これで保存状態がいいの?と、目を疑いたくなってしまう程、ボロボロの壁画が残っていました。

しかし外観が素晴らしい割には中身は味気なかったエローラに比べ、アジャンータの寺院内部は壁画や彫刻で天井まで埋め尽くされており見応えは十分ありました。それにどの寺院からも眺めが素晴らしく、ロケーションの良さでもこっちの方が断然に上でした。


ここからは内部のみの撮影

しかしそんな素晴らしいその景色を写真に収めようとカメラのシャッターを切ると何故か撮った画像が真っ白。

??

気を取り直してもう一度、シャッターを切ってもやはり真っ白。

???

気を取り直してもう一度、シャッターを切ってもやはり真っ白。

何かおかしいぞ?

気を取り直してもう一度、シャッターを切ってもやはり真っ白。

カメラがぶっ壊れてる〜〜!!!


第26窟

こないだ日本に帰った時に買ったばかりのデジカメがこんな所でぶっ壊れました。またもや露出系統の故障らしく明るい場所で撮った写真は全て真っ白。

実はアフリカにいた頃からカメラの調子が悪い事に気付いていました。原因は恐らくいつも剥き出しでポケットに入れてカメラを持ちあるいるのと、付属品では無いワイドレンズを使って撮影してる事。おっきい物を撮るのに大活躍していたこのワイドレンズですが、これを付ける事によりカメラのレンズに本来かかる筈の無い負荷がかかっており、最近、ズームの動きがおかしくなっていました。ここ何日かは電源を入れる途中で止まってしまう事態が何度も発生しており、何かマズいぞ?と、思っていたのですが、まさかこんな所でぶっ壊れるとは…

アジャンターに着いて早々、カメラがぶっ壊れてしまったのでその後の僕のテンションはガタ落ちでした。取りあえず全て見て回りましたが、素晴らしさに感動してもその感動を記録に残せない悔しさがすぐ後に込み上げて来て、もしかしたら直ってるかも?と、写真を撮ってみるのですが、やっぱり撮った写真は真っ白で余計に凹むという事を繰返していました。

でも最後に見た第26窟は本当に良かったな。

そんな訳でたっぷり一日かけて回るつもりのアジャンター遺跡でしたが、ただ見ているだけだとアッという間に終わってしまい、3時過ぎにはジャルガオンに戻ってきました。そしてこっちも写真を撮るのを楽しみにしていたこの町のマーケットを日が暮れるまで歩き回っていました。

ジャルガオンの町は今まで訪れたインドの町の中で最もゴチャゴチャしていて本当に面白い所です。通り事に全く風景が違い、人も牛も犬もヤギも滅茶苦茶に混ざり合っています。まさにインド的な風景をあちこちで見る事が出来、カメラを向けたい風景が至る所にありました。

ここでも何枚か試し撮りしましたが、撮った写真はやはり真っ白(T_T)

インドに来て今日で1週間。ようやく観光スポット巡りが一段落し、これからは街歩きがメインの旅になると思っていた矢先にカメラロスト。本当にショックを隠しきれません。さすがに3度目ともなるとツイていないというよりは、僕の使い方が悪いとしか言い様がありませんが、明日からの楽しみが半分くらい減ってしまいました。特にこれから向うラジャスターン州は美しい街並が見所で、それらの街を撮るのを本当に楽しみにしていました。新しいカメラを買うと言っても僕が出せる限界は150ドルくらい。帰りがけに覗いたお店で値段を聞いてみましたが、一番安いカメラでも300ドルを越えていました。

ただ!!

カメラは一応ある!!凹んでばかりいる訳にはいかないので、明日からは僕が目覚まし代わりに使っている携帯に付いているショボいカメラで頑張ろうと思います。

明日はインド初めての電車の旅!

朝9時の特急列車に乗りアーマダーバードという街に向います。

どっかに安いデジカメ売ってないかなぁ〜。