2006/11/28


26カ国目、インド入国!!

ターンテーブルを流れて来たバックパックを受け取り、近くにいたおっちゃんに時刻を確認すると、午前2時半。インドのイミグレでは日本人なのに何でナイロビから来たんだ?と聞かれたくらいで難なくスタンプをくれました。色々と心配し過ぎてたのかな?

こうして26カ国目、インド入国!!そして遂にアジア上陸!!!

これが何よりも嬉しい瞬間でした。

ムンバイの空港は、荷物受取り所を出てちょっと歩き、出口と書かれた自動ドアを抜けると、そのまま外に建物の外に出てしまう作りになっていました。一度、外に出てしまうと中に入れない。てっきり自動ドアを抜けたら待合室っぽくなっているのかと思っていた僕は両替えもせずに外に出てしまいました。わざわざ出国ロビーまで歩いてもう一度、中に入ろうとしても入れてもらえず、インドルピーを一円も持っていない空港の外で夜を明かす事になってしまいました。

こんな真夜中にジタバタしても仕方が無いか。

荷物をその辺の柱にくくり付け、その辺に寝ているインド人と一緒に朝まで寝る事にしました。

しかし明け方…

誰かに叩き起こされたかと思ったら見知らぬオッさんが僕の顔を覗き込んでいました。

オヤジ「×○△※◇・・・!!」
僕  「??ここで寝てちゃダメなの??」
オヤジ「マヤクはいるか?」
僕  「マヤク??」
オヤジ「ハシシ、ガンジャ、チャラス、マリファナ…」
僕  「いらねーよ!!」
オヤジ「その時計をくれ」
僕  「ふざけんなーー!!!」

いきなり起こされて不機嫌だった僕は、あまりにしつこいこのオヤジのケツに寝っ転がったまま思いっきりケリを入れました。