2006/11/26


行くぜ!インド!!

いよいよ明日はインド出発の日!!

午前中から3時間かけてホームページを更新し、午後は宿でゆっくり出発準備。もうナイロビにもアフリカにも思い残す事はありません。

明日は夕方5時の飛行機なのでその前にこの日記も更新出来ると思います。なのでアフリカのまとめでもしとくかな。と言っても、僕が旅したアフリカがどんな所だったのか?そして僕がどんな旅をしていたのかは毎日の日記を見て頂ければ何となくお分かり頂けると思います。たったの5カ国で終わってしまいましたが、たったそれだけでも旅をする事が出来て本当に良かったです。

とにかく大変だったけど最高に楽しかった2ヶ月。

いい仲間に恵まれ、最高にいい景色ばかり見て、最高に辛い体験もして、旅人として一回り成長出来たのではないかと思っています。

もう少し旅行し易くなればいいなとは思いますが、別にこのままでもいい。というかこのまま変わらないで欲しい。アフリカを旅してそう感じました。まぁ変わり様が無い部分が有り過ぎるので恐らく当分はこのままだと思うけどね。

虫に悩まされながらも毎日、可愛い女の子を眺めながら美味しいマキアートばかり飲んでいたエチオピア。初めて見る野生動物とサバンナに感動しっぱなしだったケニア。アフリカ人の素朴さを感じたウガンダとルワンダ。そしてタンザニアのキリマンジャロとストーンタウンと青い海。どれも辿り着くまでの苦労を一瞬で忘れさせてくれるくらい魅力的な風景ばかりでした。

僕がアフリカに来る前に抱いていたアフリカに対するイメージ、それは日本にいる皆さんが抱いている物とほぼ同じだったと思います。暑くて水不足。食べる物があまり無い。エイズ。危なそう。動物がたくさんいる。今でも原始人の様な生活をしている民族がいる。本当に旅行なんて出来るの?等々。

それはある意味間違いではありませんでしたが、それ以上の発見も山ほどありました。アフリカは僕らが想像している以上に平和です。確かに他の国々に比べると決して治安がいいとは言えませんが、そこで普通に暮らしている人は山ほどいる訳だし、何よりその普通の人達はとてもいい人ばかりです。とても陽気で、音楽が大好きで、楽しい事が大好きで、誰とでも気軽に言葉を交わし、マイペースののんびり屋さん。僕は彼らを見ながら人間のあるべき姿とは、本当はこういう感じなのでは?と、考えていました。

自然に逆らわず、自然と共に生きる。

アフリカはある意味、本当に旅らしい旅が出来る世界で唯一の場所だと思います。毎日が冒険。この言葉が最も似合う。

と言っても、僕の様な苦労をしなくてもお金さえかければいくらでも楽チンに、アフリカのいい部分だけを思いっきり堪能する事が出来るので、これでアフリカに興味を持った方は何も恐れずに、是非、アフリカに行ってみて下さい。いい意味で期待を裏切られる部分がたくさんあると思います。

さぁ〜明日からはインド!!!

いよいよ世界一周のラスト!アジア突入です。アフリカを経験した後ではもう何も怖く無い。だからと言って決して気を抜かずに思いっきり最後まで楽しんでやろうと思っています。海外旅行保険も無い事だしね。

インド以降の予定については、ある程度決まっているのですが、長くなってしまったのでそれはまた明日のお話。

取りあえず片道航空券で無事に入国出来る事を祈る!!