2006/11/20


これで見納めのストーンタウン

遂にやって来たザンジバル島最終日。僕等は色々と考えたあげく、やはり15ドルの夜行フェリーに乗ってダルエスサラームに戻る事にしました。既に大幅に予算をオーバーしてしまっている僕等にはこれしか選択肢がありませんでした。盛大な送別会が出来なかったのは心残りですが、15ドル+今夜の宿代も節約出来てしまうので、こればっかりは仕方が無い。

それにダルエスなら昼間でも酒が飲めるしね。ニヤリ。


今までで一番の晴天

そんな訳でチェックアウトの朝10時から12時間という有り余る時間を潰す為、いつもより大分ゆっくり歩いて旧市街を散歩したり、ホームページの更新に3時間もネット屋に籠ったり、それでもまだ日が暮れないので、とうとう余計なお土産を買ったりしながらザンジバル島での最終日をのんびり過ごしていました。現在、宿のラウンジで執筆中。


次はインドからインド洋かぁ〜

毎日が怒濤の如く過ぎていったアフリカでの2ヶ月間。いい仲間に恵まれ、最高の景色を見て、気さくなアフリカ人にからかわれ、本当にいい思い出ばかりでしたが、それと同じくらいハードな旅でもありました。そんな中、ようやく辿り着いたザンジバル島での5日間は僕にとってまさにご褒美の時間でした。時が止まったままのストーンタウン。これまで見た海で最も奇麗だったパジェのビーチ。自分がアフリカにいる事をほんの少しだけ忘れさせてくれる久しぶりのリラックスの場所でした。

それじゃー、そろそろ現実に戻るかな。