2006/11/13


二人旅最後の地にやって来たシンペイ

キリマンジャロの麓にある町、モシからバスで7時間。タンザニアの首都、ダル・エス・サラームにやって来ました。今日の道路は全てアスファルトでバスも普通のバスでした。前回の反省を活かした僕等は前の席をキープしていたので快適そのもの。やはり僕等の大移動は前回で終わってくれた事にホッとしました。

そしてこの街はシンペイさんと僕のお別れの場になる街でもあります。イエメンのサナアからアッという間に3ヶ月。お互い適当にやりたい事をやりながら当たり前の様に一緒にいた僕等はここから別の旅を始めます。シンペイさんは南アフリカを目指してアフリカを南下。その先にはブラジルのカーニバルが待っています。僕はいよいよ世界一周最後の地、アジアに突入。この街からインドのデリーかボンベイに飛ぼうと考えています。

予想以上に早くダルエスに着けたので、アフリカ最後のご褒美にザンジバル島にも行く事にしました。明日は一日、この先の旅の為にお互い動き回り、明後日の船でザンジバル島に向います。そこで4、5泊してダルエスに戻ったらシンペイさんはザンビアへ。僕はインドへ。なので明日はインド行きのチケットを買ってきます。古くから貿易の要として栄えた港町、ダルエスサラームにはインド人やアラブ人商人達が今も滅茶苦茶住んでいます。インド行きの便も多い様で恐らく旅行会社を回れば簡単にチケットは見つかる筈。気持ちよくザンジバル島に行く為にも、明日はこの大仕事を確実に片付けようと思っています。


祝1周年!!

今日は旅に出てから1周年記念日。半年を過ぎた事からは毎月13日にやって来るこの記念日がどうでもよくなっていました。気付けば過ぎている事も良くあったし、9ヶ月も10ヶ月もそれ程変わらないくらい僕の旅は長くなっていました。しかし今日だけは久しぶりに何日も前から意識していました。出発前は1年でアフリカが終わっていればいいなと思っていたので、今日この日にダルエスに着けて良かったと思っています。

長かった様でアッという間。ですが当然の事ながらこんなに濃い一年は今までありませんでした。ここまで大きなケガも病気も無く、多くの出会いに恵まれながら自分なりの旅を続けられた事にそれなりに満足しています。そしてこのサイトが一年も続いた事にも。誤字脱字が多い僕の日記にここまで付き合ってくれた皆さんには本当に感謝しています。

残り予算40万円弱。

この予算で出来る限りアジアを回ってから僕は日本に帰ります。ハッキリとした帰国日はまだ分かりませんが、行きたい所を全て回ろうと思うとそんなに長い旅は出来ないので遅くてもサクラが咲く前には帰国します。残り少ない時間と予算の中で最後の最後まで思いっきり旅を楽しんでやろうと思っているので、今後ともよろしくお付き合い下さい。

しかし祝1周年と同時に悲しいお知らせも1つ。

今日から保険が無くなってしまいました。

これからも変わらず無事に旅が出来ます様に!